安い自動車保険一括見積サービス
自動車保険一括見積
自動車保険一括見積なら、便利な「安い自動車保険一括見積サービス」で
自動車保険で損をしていませんか?
各保険会社の特徴
厳選保険商品
自動車保険一括見積TOP
物置・イナバ物置・ヨドコウ物置
物置の販売サイト物置通販.jp
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自動車保険一括見積り - 保険市場Autos
 
ご契約までの流れ

保険料をなるべく安くする方法をご紹介いたします。
節約方法には、契約条件や目的・利用条件を絞ることで割引を受ける方法があり、選ぶときに注意すべきことも記載しております。自分にあった方法でこれらの割引を上手にご活用下さい。

  自動車保険業界では、割引や割増を表す基準として「等級」があります。
「等級」は、通常1〜20まで区分があり、数字が大きくなると割引率も上がり、保険料が安くなります。1年間無事故だと翌年には1等級上がるので、無事故を続けると年々保険料が安くなるのです。
等級は保険会社が変わってもそのまま引継ぎが出来る(※)ので、毎年条件に合った会社の自動車保険に選びなおしても、無事故を続ける限り年々保険料は安くなっていきます。
  ※保険会社によって一部取り扱いや、内容が変わる場合もあります。
 

補償の対象とする運転者の範囲を限定することで保険料が割引になります。
運転者限定には、主に以下の種類があります。
   ●運転者本人限定     ご自身しか運転しない場合。
   ●夫婦限定          運転者本人+配偶者
   ●家族限定          運転者本人+同居の親族+別居の未婚の子

  ※限定した人以外が運転をして事故を起こした場合、補償されませんのでご注意下さい。

 

補償の対象とする運転者の年齢を制限することで、保険料が割引になります。
運転される最も若い方の年齢を基準に、以下の年齢区分から選びます。
  <保険料が安くなる順番>
  (1) 30歳未満不担保 (=30歳以上の運転者のみ補償)
  (2) 26歳未満不担保 (=26歳以上の運転者のみ補償)
  (3) 21歳未満不担保 (=21歳以上の運転者のみ補償)
  (4) 全年齢担保 (=すべての年齢の運転者が補償)

  ※限定した人以外が運転をして事故を起こした場合、補償されませんのでご注意下さい。

 

リスク細分型の自動車保険の中には、走行距離によって保険料割引をしている商品もあります。利用頻度や走行距離が少ない車の方が、リスク細分型の自動車保険を選ぶことで保険料の節約ができます。
自動車保険の保険料は、主に以下のような条件の組合わせによって決まります。
   ●車の「使用用途」「車種」     ●安全装備などによる割引
   ●年間走行距離           ●運転者の「年齢条件」
   ●ゴールド免許による割引     ●等級
   ●居住地域              ●各種特約の有無

リスク細分型の自動車保険とは、リスク(事故にあう予想確率)によって細かく分類して保険料を算出する保険商品です。リスクが少ないご契約者の保険料は少なくなるというメリットがあります。

日頃から安全運転を心がけ、リスクが少ないドライバーに分類されることが、最終的に保険料節約になります。


 
↓↓  自動車保険一括見積はコチラから ↓↓
 
自動車保険一括見積り
 
↑↑  自動車保険一括見積はコチラから ↑↑

このページのトップへ戻る
※「安い自動車保険一括見積サービス」を運営する株式会社アイシージェイは保険会社または保険代理店ではありません。媒介・募集・販売行為は一切行いません。          | 運営会社|リンク|